miagolare

お気に入りの雑貨・文房具集めました。

可愛いピンクなタワシ

オレンジもあります。

PPタワシ ポリプロタワシ 五十五万石束子

近所のスーパーやホームセンターで丸筒クレンザーを探している時に、古くからある個人商店には結構面白いものが残っているということが分かりました。
廃盤になってしまった花王さんのホーミングが、色褪せてはいるけれど棚に並んでいたりします。

ですのでそういったお店を見つけた時は入ってみることにしています。

先日、近隣の学校で使われる体操服等を販売しているお店と、日用品店が合わさったようなお店で、カラフルで可愛いタワシを見つけました。

 

五十五万石束子

PPタワシ ポリプロタワシ 五十五万石束子

ピンクとオレンジがとっても可愛いタワシです。

個包装されていた袋には「PPタワシ」と書いてありました。ポリプロピレンタワシということでしょうかね。

価格は1個102円(税抜)でした。全長は11cmくらいです。サイズに関しては個体差がありそうですね。

タワシ本体に五十五万石束子と書いてある帯がついています。あと商標登録の番号も書いてあります。

ただ五十五万石束子と検索してみてもヒットしませんでした。あと特許のデータベースで探してみても、資料自体が閲覧出来ない状態のようです。

 

JANコードも分かっているのに

PPタワシ ポリプロタワシ 五十五万石束子

上から見ても可愛いですね。タワシの形状ってなんだか可愛いなと思います。

JANコードで検索をしてみたところ、問屋さんのショッピングサイトがヒットしました。
というか、これしかヒットしませんでした。「紀光 PPたわし 五十五万石束子」と表記されていました。

楽天等でも探してみた結果、メーカー名はおそらく紀光産業株式会社さんだと考えられます。
和歌山県にある企業さんで、金属線の加工やタワシの製造を行っているとのことです。

「紀光」「タワシ」というキーワードに一致するので、紀光産業さんがメーカーさんで正解だとは思うのですが、Webサイトの製造品目に写真が掲載されているわけでもないので、100%確実とも言えないですね。

JANコードが分かっているのに、はっきりとしたことが分からないという珍しいパターンです。

 

この商品・似た商品の買えるところ

実店舗

町中にある日用雑貨を扱っているお店や、金物屋さんにあるかもしれません。スーパーによってはあるかもしれませんが、出会う確率は低いと予想されます。

インターネット

類似商品を探してみました。「タワシ ピンク」と検索すると数点ヒットします。

株式会社マルナカさんのポリプロたわしがピンク・オレンジ・緑・青と4色あってとっても可愛いですが、お店によってはピンクが販売されていないところもあります。

「ポリプロたわし」と検索するとヒットした東和産業株式会社さんの商品が、パッケージも可愛くてタワシもピンクです。

 

おわりのつぶやき

PPタワシ ポリプロタワシ 五十五万石束子

商品名もJANコードも分かっているのに、はっきりとした情報が出てこない記事でした。

でも多分紀光産業さんの製品だと思いますし、タワシは可愛いです。

 

この前かっぱ橋の飯田屋さんでものすごいデッカイタワシが売っていました。

タワシ 北山正積商店

いやデッカ!!そりゃ20000円もしますよねというサイズ感です。可愛い!

こちらは株式会社北山正積商店さんの製品です。北山正積商店さんは和歌山県紀の川市にあります。

お?紀光産業さんも和歌山県で、海南市というところにあります。地図を見てると、紀の川市海南市はお隣りでした。

他にも高田耕造商店さんというタワシ専門店があるのですが、こちらも海南市です。
どうやら和歌山県海南市周辺は、タワシメーカーが多いようですね。

 

ピンクのタワシはポリプロピレンですが、スタンダードなタワシは茶色いですね。これは棕櫚(シュロ)から作ったものです。

シュロはヤシ科の樹木のことで、海南市は気候が温暖なことからシュロの栽培に適しており、大正時代からタワシの製造が盛んだったとのことです。
高田耕造商店では、現在でも和歌山県産のシュロを使用しているそうです。

芋づる式に色々出てきますね。

 

商品情報

商品名:PPタワシ
品番:No12
メーカー:紀光産業株式会社
価格(税抜):102円
JANコード:4960037201206
原産国:おそらく日本

 

SUZURI内Pop-Hanaへジャンプ